最近決めたこと

選挙に行こうと思った。

しかし、テレビの党首討論を見ても、何を話しているのかわからない。これは私の頭が悪いのか?この人たちが特別な言葉で話しているのか?どっちなんだ?

グレーゾーンに蓋をしあう討論なんて結論が出るわけないよね。グレーゾーンが広がるばかりで私の頭はより混乱した。

そこで思ったのが、

現実にあの白いワンコのソフトバンクのお父さんが立候補したら、今だったら本当に当選するんじゃないかと。

実態のないソフトバンクのお父さんというキャラクターのほうが、政治家よりよっぽどリアルに写ってしまう。
そして、リアルにそこに投票する若者はいっぱいいると思う。「なんとなく」とか「おもしろいから」って人もいるだろうし、「ホントにうんざりしてるからどうでもいい」って人もいるだろうけれど、これって恐ろしいこと。。。

ソフトバンクのお父さんは、犬ですから。後ろで操ってる人間がいる。でもそれが誰だかわからない。

そしたら便乗していろんなバーチャル政治家なんて出てきたりしてね。ツイッターの中で国会開催とか。顔の見えない第3の議院。。。。ある意味良くも悪くも一番白熱する手段かもしれません。
国会中継より人は見るんではないか?
寝てるおっさん見てるより、うさぎの国会議員と犬の国会議員がつぶやいてるのをネットで見てるほうがおもしろいんじゃない?中身が一緒なら。あっという間に人は流されていく。

文字に残るから頭の中でも整理しやすいかもしれない。



しかしバーチャルの怖さは、それを操る人間がどこか見えないところにいる、ということ。

なおさら、見えにくい。

こんなに見えにくい世界だったのか。
なぁ?
[PR]
by yokojill | 2010-07-06 00:18
<< サイタマノラッパー2からの傷だ... 白熱しましたね! >>